​サーマクール
サーマクールは、米国で開発された「メスを使わないたるみ治療器」で20年近い臨床実績があります。

当院で使用しているサーマクールCPTは、先代機と比較して、痛みやダウンタイムがほとんどなく、治療効果、安全性ともに高い機器です。

当該機器は、FDA(米国食品医薬品局)の承認を得ていますが、本邦では未承認です。医師が海外から個人輸入をしています。
​適応、症状
● 頬がたるんできて、ほうれい線が目立つ
● フェイスラインがぼやけてきた
● 二重顎のようなたるみがある
● 肌に弾力がなくなってきた
● たるみだけでなく、ニキビ・吹き出物がよく出る
● 毛穴を引き締めたい
● 顔を引き締め、小顔にしたい
​サーマクールの特徴
即時的効果
サーマクールは高周波(ラジオ波)をエネルギーソースとして用い、皮膚の真皮層~皮下脂肪上層にかけて、むらなく熱作用を及ぼします。この熱作用により、加齢で緩んだ真皮層のコラーゲンが収縮し、即時的な効果が得られます。
​長期的効果(本来の効果)
同時に線維芽細胞(ファイブロブラスト)を熱刺激することにより、コラーゲン・エラスチンを増成し、真皮層を充実させ、皮膚にハリをもたらします。またサーマクールは、皮膚や皮下組織を支えている線維性組織の緩みを引き締め、加齢により緩んで落下した皮膚、皮下組織を元の位置に戻そうとする作用により、 タイトニング効果が現れ、結果としてリフト感も得られるのです。
この本来の効果は治療後1か月から現れ始め、約3か月後にピークに達します。
​小顔効果
さらに脂肪を若干縮小する作用もありますので、小顔効果もあり、久しぶりに会った人から「痩せたね」などと言われたという声を治療をお受けになった方からから、よくお聞きします。
​痛みに関して
​ゲートコントロールセオリー
治療用ハンドピースにバイブレーション機能が付与されていて、振動を加えながら照射することによって、痛覚刺激がマスクされて痛みを感じにくくなります。この理論は、一般的にゲートコントロールセオリーと呼ばれています。
​痛みが少なく、効果も高い
高周波の照射ルーチンや冷却機能も改善され、治療部位に発生する熱を安全かつ長時間保つことができるようになったため、痛みが少なく、効果も高い治療が可能です。
​当院の特徴
高い治療効果を得るためには、術前の治療計画、工夫した照射法が必要です。当院では、治療経験豊富な院長が、すべての方に診察から治療・アフターケアまで対応いたします。
​ダウンタイム・併発症など
治療部位に一時的に赤みが生じたり、違和感が残ることがありますが、基本的に軽度で数時間~数日で消失します。
直後からメイクも可能ですので、必要な方はメイク道具をお持ちください。(基礎化粧品は院内に常備しています)
ごくまれにチップの破損に伴う熱傷が生じることがあります。
​治療をお受けになれない場合
・ペースメーカーや埋め込み式除細動器が身体に留置されている方
・治療部位に金属プレートが埋め込まれている方
・ケロイド体質の方、糖尿病など創傷治癒に問題がある方
・妊娠中の方、授乳中の方、膠原病の方
・治療部位に大きな瘢痕組織のある方、治療部位に病変がある方
・金の糸や溶けない糸が留置されている方
・成長因子の注入療法をお顔に受けたことのある方
​・その他、医師が治療の適応がないと判断した場合
・病気で加療中の方は状況によっては治療が行えない場合があります
治療費
400ショット   150,000
600ショット   180,000
900ショット      210,000
​*ウルセラと併用する場合
サーマクール
+ウルセラ全顔      330,000
 
サーマクール
+ウルセラ全顔・顎下      360,000
​(サーマクールは400shots)
​Q&A
Q.効果はどれくらい持続しますか?
 
A.一般的に、半年から1年継続しますので、半年以降に次の治療をご検討ください。
Q.サーマクールの後、腫れたり、赤くなったり、あざができたりしませんか?
A.お顔の組織に熱を発生させる治療ですので、多少の赤みはでます。しかし、ほとんどの場合、数十分程度で自然に消えていきます。腫れが生じることは通常ありませんが、当日は激しい運動、長時間湯船につかることやお酒は控えてください。また、アザ(皮下出血)が生じることは通常ありません。
Q.サーマクールで頬がこけた、という話を聞いたことがありますが、そんなことがあるのでしょうか?
 
A.サーマクールには弱いながらも脂肪を縮小する効果がありますので、絶対ないとは言えません。当クリニックでは骨格や脂肪のつき具合をしっかり診て、照射部位やショット数を調整し、頬がこけないよう細心の注意を払っています。場合によっては、ウルセラやネオハイフ+を推奨することがあります。
Q.サーマクールは毛穴には効果がないのでしょうか?
A.サーマクールは毛穴に対しても、ある程度効果はあります。しかし、その効果は限定的ですので、他治療(ジェネシスやフラクセル3)を推奨することがあります。
Q. ーマクールの後に行った方がいいこと(フォローの治療)はありますか?
A.できるだけ高い効果をお望みの場合は、ウルセラとの組み合わせ治療を推奨いたします。同日でも可能ですし、少し日をあけて行ったり(1か月以内)、半年~1年の間隔で交互に行うこともあります。

その他、ネオハイフ+テノール(サーモリバース)でフォロー治療も行っています。
ネオハイフ+はハイフ治療であり、サーマクールを補完するような形の手法、もしくはウルセラ同様に最大限の効果を狙い、効かせる手法などがあります。テノールは血流・リンパ流の改善も得られます。印象として健康的なふっくらしたニュアンスの引き上げ効果がみられます。

COPYRIGHT

© Perla clinic jingumae, ALL RIGHT RESERVED

​電話
​telephone