​ライムライト
ライムライトは、シミやくすみ、赤みなどの色調の異常を改善し、トーンアップ(明るく)すると同時に、肌質の改善を促す光治療器(IPL)です。
 
他の機種が、基本的に白人の肌をベースに設計されているのに対して、ライムライトは、日本人医師の見識を織り込んで設計されています。そのため、日本人の肌色、肌質にマッチした治療が可能です。
 
1~2回の治療で、効果をお感じになれる場合が多いのですが、3~4週間おきに5回ほど治療をリピートされることにより、肌のハリ感など肌質改善の効果を得ることができます。
 
当該機器は、FDA(米国食品医薬品局)の承認を得ていますが、本邦では未承認です。医師が海外から個人輸入をしています。
​ライムライトのテクノロジー

ライムライトは、520~1100nm(ナノメートル)の波長を用いた光治療器です。この波長域の光は、シミや赤みに強く反応する波長を含んでいますので、その両者を改善させることが可能です。

 

ライムライトの場合、このブロードバンドの光を、ガス圧を用いてコントロールし、波長特性を治療上有利に設定しています。また、日本人の肌に合っているとはいえ、実際は様々なスキンタイプの方がいらっしゃいますので、それに対応できるような設定プログラムが準備されています。さらに、より効果を高めるために、治療対象に応じて皮膚温をコントロールしています。

 

ライムライトは、安全対策にも十分留意されており、リアルタイムキャリブレーションを行い、1ショット毎に、設定したエネルギーがきちんと出ているかを監視しフィードバックしています。

​適応、症状

・日光性色素斑
・雀卵斑(そばかす)
・くすみ
・赤ら顔
・毛細血管拡張症
・ニキビ

​・肝斑(内服治療が第一選択です)

​繰り返しお受けいただくことにより、肌質の改善効果も期待できます。

​ダウンタイム・併発症
・皮膚に赤みがでる場合がありますが通常数時間で消退します
・シミがかさぶたになり、目立つ場合がありますが、1週間程で脱落し、薄くなります。
    (カバー力の高い医療用コンシーラも用意しています)
・まれながら熱傷や毛包炎が起こることがあります。
・肝斑が悪化することがあります。
・本治療ではありませんが、同種光治療(IPL)において白斑が生じた報告もあります。
​治療をお受けになれない方
・妊婦の方、授乳中の方。
・日光過敏症の方。光過敏症を誘発する薬剤を使用中の方。
・日焼けをされている方、1か月以内に日焼けをする可能性がある方
・光の明滅で痙攣発作が起こる方
・治療対象部位に、外傷や対象外の皮膚病変がある方 白斑の方など。
・金の糸が入っている方、肌色・白色のアートメイクを入れている方
・金製剤を内服したことがある方
・病気で加療中など、医師が治療の適応がないと判断した場合。
​Q&A​
Q. ダウンタイム(通常の生活に戻れるまでの時間)はありますか?
 
A. 治療直後は多少の赤みが出ますが、当日からメイクが可能です。また、反応したシミが濃く浮き上がって目立つ場合がありますが、カバー可能な医療用コンシーラが必要な場合はお申し出ください。
Q.カサブタが落ちるのにどれくらいかかるのですか?
A. 7~10日ほど残ります。自分で剥いたりせずに、自然に脱落するのをお待ちください。
Q.何回くらい受ければいいのですか?
A. 一般的に3週間おきに5回程度です。しかし、あくまで目安ですし、できるだけ少ない回数で満足いただけるように努力いたします。毎回、各人の経過を注意深く拝見しながら治療を進めていきます。

COPYRIGHT

© Perla clinic jingumae, ALL RIGHT RESERVED

​電話
​telephone